So-net無料ブログ作成
避妊・妊娠 ブログトップ
前の7件 | -

女の子を産みたい女性が増えている [避妊・妊娠]

以前は第一子は男の子を希望すると答えていた人が多かった妊娠前の女性
のアンケートですが、最近は女の子が欲しいという人の割合の方が高まり
男性の場合も同じように女の子を望む人が増えています。

確かに私自身は男の子が二人ですが、本音の部分では女の子が欲しかった
ということがありますので、世間一般の傾向が理解できます。

女の子が欲しい時は、女性の膣内を酸性の傾向にすることで男の子になる
Y精子が受胎しにくくなるので、女性はいわゆる酸性食品を多めに取って
セックスの前に薄めた食酢を膣内に注入しておき、Y精子が受胎しにくい
環境を作るのが良いとされています。

続きを読む


共感する(18)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

子どもが出来にくい悩み [避妊・妊娠]

私の勤務先とかを見ても、以前に比べて子どもが出来にくい人が増えたと
いうように感じている今日この頃、時には小難しい話も書いてみようかと
思います。(そんなに難しいことは書きませんが。)

以前は女子社員が結婚すると大体は数ヶ月で、妊娠が判明して退職すると
いう例が多かったのですが、どうかな…10年ぐらい前から、結婚してから
計画的に子どもを作って、と計算していたはずの女性社員が数年経っても
そのまま勤務を続けるという例が増えています。

個人情報ということもありますし、下手なことを聞いたらセクハラとして
訴えられる世の中ですから、迂闊には聞けませんが、まあまあ良好な関係
なので、それとなく聞いてみると相手の親からさりげなく孫の顔が見たい
と言われたり、書店で赤ちゃんが出来る本みたいなのに目が行ってしまう
こともあるけど、こればっかりは仕方ないからねェ~という返事です。

続きを読む


共感する(33)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

男女産み分けの俗説 [避妊・妊娠]

結婚から妊娠、出産という一般的な話の流れの中で、時々出てくる話題と
して男女の産み分けは可能か?という話がありますよね。

産婦人科医の先生の話としては、精液を遠心分離機にかけることで男女の
性別を決める精子(XとY)を分けることが出来るという話を聞いたこと
がありますし、また別の話では精液に微弱な電気を流すことによってXと
Yの因子を持った精子を分けることが出来るという話も聞きました。

が、これはあくまでも机上の論理であって、精液を分けてから人工授精を
するという話はあまり聞いたことがありませんし、そこまでして特定の性
を確定させるということに対しては、批判的な見方があるのも事実なので
実際に、そのような方法によって男女の生み分けを実施しているのか?と
いう部分はわからないのが実際のところです。

続きを読む


共感する(15)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

膣外射精のタイミング [避妊・妊娠]

基本的に膣外射精というのは避妊ではないというのが、何十年も前からの
常識だったわけですが、少子化の進展によって妊娠に必要な精子の数など
の見方が変わったようで、一般的な膣外射精(射精時点では、ペニス自体
は完全に膣外に抜かれた状態)では、妊娠する危険性はかなり低いもので
あるということになっているみたいです。

以前は、膣内で射精しなかったとしても、俗に我慢汁と呼ばれている少量
の粘液でも少しだけの精子が存在するので妊娠する場合があると言われて
いましたが、あの程度の精子で妊娠するのは難しいというのが、実際の所
であると言われています。

普通に妊娠を希望してセックスをしても、一回の放出精液の中に5千万個
以下の精子量では妊娠は難しいなんて言われているわけですから、潤滑液
として滲み出るようなカウパー氏腺液で妊娠しないというのも、なんだか
ごもっともという気がします。

続きを読む


共感する(33)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

膣外射精の危険度 [避妊・妊娠]

コンドームを使用しないで、膣内にペニスを挿入し射精する寸前で抜いて
女性のお腹の上に、またはティッシュで素早くペニスを包んで射精する、
いわゆる膣外射精ですが、ほんの一滴の精液であっても射精する可能性が
あると昔から言われていますよね。

では、その確率とはどれぐらいなのか?というのが今回の話題です。
妊娠しやすい体、妊娠しにくい体、いろいろな体質や条件などがあるので
何もかも一概には論ずることは難しいですから、あくまでも標準的な条件
での例として、書いていこうと思います。

まず、性的に興奮した時に分泌される液体。
先走りとか、我慢汁なんて呼び方をされることもありますが正式な名前は
カウパー氏腺液という名前の分泌液です。

続きを読む


共感する(11)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

女性を見て妊娠に気付く時 [避妊・妊娠]

私自身は絶対に妊娠する事はあり得ないのですが、実は自分ちの子どもが
出来た時に妊娠を見抜いたのは二回とも私だったので、なかなか興味津々
の話題であるわけです。

で、まず件の話なんですが、ドラマでよくある話をしている最中に唐突に
トイレとか流し台のところへ走っていて、ウッウェ~…はっ!?もしや?
という事があるのかということなんですが、私的な視点からはあり得ない
ことだけど、自分自身の体にあまり関心のない人だったらあり得るかも、
という玉虫色の結論に至ると考えます。

少なくとも「悪阻=つわり」がある妊娠二ヶ月以降まで生理がなければ、
身に覚えのある人ならば妊娠を疑っていると思うので、吐き気がしてから
もしかして妊娠?と思うのは疑問で、それ以前にいくつかの通常とは違う
症状があるはずなんで、吐き気=確定的という方向の話ならわかりますが
もしかしたらというのは、おかしいと思います。

続きを読む


共感する(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

妊娠線は恥ずかしいものではない [避妊・妊娠]

妊娠して腹部が大きくなるにつれて表皮が伸びるわけですが、皮膚を組織
する中間層である真皮、その下の皮下組織は表皮ほどの柔軟性がないため
亀裂が出来て赤紫色の線状斑になります。

その跡が出産後にも残ったものが妊娠線と呼ばれ、女性にとっての産後の
悩みの種の一つとなっていますね。

以前、あなたに抱かれたいけど、妊娠線が恥ずかしいから裸のお腹だけは
見られたくないの、と言われたので、結局、下腹部の部分にバスタオルを
かけたままセックスしたこともあるぐらいなので、女性にとってはかなり
心の中の重荷になっているとも言えますね。

確かに、美しいかと聞かれたら美しいとは言いません。
そんなことで嘘をついても仕方ありませんからね。

続きを読む


共感する(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚
前の7件 | - 避妊・妊娠 ブログトップ