So-net無料ブログ作成

一度の結婚に縛られたくない女性 [結婚]

基本的には世界の常識は一夫一婦制であり乱交はタブーであるというのが
正しい姿であるというように認識はされています。

日本の制度いう戸籍という血統管理(家系)のためには、一人目の子ども
の父親から三人目の父親の子どもが全て違うということでは管理すること
が困難になるという行政側の理由にもよるでしょうし、優生保護法などの
法律の理念からも父親と母親は明確でないと近親相姦を完全に把握すると
いうことが困難になるという事情もあるものと思います。

が、事実としては同時期に複数の人とセックスをしていたために子どもの
父親は正確にはわからないという例が日本以外の国でも実際に起きていて
DNA鑑定をしてみたりして多額の費用をかけて徒労に終わる例もあれば
実際に別の男性の精子によって受精していたことが判明して、離婚したり
損害賠償請求が行なわれたりする例も増えてきています。

続きを読む


共感する(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

仮結婚の提案 [結婚]

ここ十年ぐらいの間に、結婚して子どもが欲しくても出来ないカップルが
増えているようで、環境ホルモン説とか、性教育間違い説とか、そもそも
国が子どもを育てにくい環境にしているから、自然の摂理として子どもが
出来にくくなっているのだという説まで、いろいろな意見があります。

中には子どもが出来なくても良いカップルもいれば、自然に任せるという
カップルもあって、これまた個人毎の価値観の多様化を物語っているわけ
ではあるのですけどね、やっぱり双方の価値観の違いが出た時にもっとも
困るのは子どもが欲しいという片方と、あまり欲しくない片方がいる場合
であって、片や不妊治療に積極的、片や実は出来なくてもいいという様な
場合には最終的には離婚という道を辿ったり、本人同士はOKでも周囲が
煩くて結局は上手く行かなくなるなんて事になるのも困りますよね。

続きを読む


共感する(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

新婚時代~セックス三昧の日々 [結婚]

結婚間もない頃は、新妻はきれいになると言われますよね。

毎日のようにセックスするから、ストレスを発散してきれいになるという
意見がありますし、膣内に精液を受け入れる事で、精液の中にあるコリン
という物質が女性の肌を美しくするという意見もありますが、ある程度の
コリンを吸収すると効果が次第になくなるので、新婚当初の時期にのみ、
効果があると言われています。

続きを読む


共感する(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚