So-net無料ブログ作成

ラブホテルのトイレ [ラブホテル]

ラブホテルに行ったことのない方には、全く意味のないわからない話かも
知れませんがラブホテルのトイレについて不思議に思うことがあります。

ラブホテルのトイレって、今までの私の経験では100%鍵がないんですね
解り易く書くと、内側から鍵をかけることが出来ないということです。

love-hotel36.jpg

男性ならともかく、女性の場合は便座からドアまでは距離がありますから
ドアを掴んでいることも出来ないので、その気になればトイレ中でも自由
にドアを開けることが出来てしまうわけで、世の中のカップルの多くは、
恋人が放尿している姿を見たいという願望があるのでしょうか?

続きを読む


共感する(13)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

欲望を満たすためのホテル [ラブホテル]

トルコの地中海沿岸にある小さなホテルでのお話です。

このホテルでは、どういうわけか男性従業員が海外からきた外国人の女性
宿泊客とセックスを繰り返すということが続いていたのだそうで、それが
あまりにも酷いということで、男性従業員全員が解雇されるという事態に
なったということですから尋常ではありません。

このホテルの宿泊客の大半は英国とロシアから来訪した観光客だそうで、
トルコの男性がお気に入りだったのか、はたまた本国の噂話でホテルマン
と官能的なセックスが出来るホテルがトルコにあるのよ、と聞いたのかは
わかりませんが、どっちにしても女性客が主体で、男性従業員との情事が
日常茶飯事のような感じですので、何らかの事情があるのでしょう。

続きを読む


共感する(12)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

新ラブホテルの利用法 -4 [ラブホテル]

部屋を選択した後からの話になります。
東京ではフロントで部屋のキーを受け取り、その他のエリアではレシート
を持って、そのまま階段やエレベーターを使い部屋へ行くわけですね。

エレベーターの中とか、通路とかは犯罪防止のために防犯カメラがセット
してあることが多いので、あまり盛り上がってしまうとホテルのスタッフ
に痴態または、醜態を見せることになってしまいますから部屋に入るまで
は大人しく、紳士・淑女でいるようにしましょうね。

部屋に入ったら、まずすることとして私は脱出口の確認をしています。
人は、それぞれに考え方の違いがあると思うので絶対にした方が良いとは
言いませんが、私独自の危機管理として、非常口とスプリンクラーの設置
状況は必ず見るようにしています。

続きを読む


共感する(42)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

新ラブホテルの利用法 -3 [ラブホテル]

フロントの前で部屋のパネルを見ながら考える話からです。

部屋の写真は入口から見た写真を掲示してあるところ、なるべく部屋全体
の様子がわかるようにしてあるところ、どこから撮っているのかさえも、
ちょっとわからんような構図で撮影されているものなど、ホントにホテル
によって千差万別という感じなんですが、どっちにしても室内に入ったら
部屋を変えてもらうなんてことは、余程の不備がない限りは無理なので、
じっくりと写真を見比べて、お気に入りの部屋を探すのが良いでしょう。

ホテルによっては、各部屋の特徴的な設備が2-3ヶ所、表示してある場合
がありますから、わざわざラブホテルを利用する以上は、その部屋の中に
ある備品を全て使ってみよう!ぐらいに体力と気力を充実させて行く人も
いらっしゃるかも知れませんね。

続きを読む


共感する(28)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

新ラブホテルの利用法 -2 [ラブホテル]

車で行っても、電車の駅から歩いて行っても、ホテルに入って最初にする
ことは二人が一緒に過ごす部屋を選ぶことですね。

私の地元のホテルと東京のホテルで確実に違いがあるのは、部屋を選ぶ際
にフロントに人がいるか、いないかの違いです。

東京は都条例の関係で、フロントに人がいて来訪客の様子が見えなければ
ならないという決まりがあります。
犯罪防止(強制的に拉致されたとか、明らかに異常なカップルなど)とか
援助交際の防止という意味合いが強いのでしょうが、パネルの写真を見て
部屋を選んだ後で、その部屋の鍵をフロントの人から受け取るというのも
なんだか違和感があると言うか、もう少し何とかならないの?と思います
が、あれが条例の枠の中ではベストな形なのかな。

続きを読む


共感する(43)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

新ラブホテルの利用法 -1 [ラブホテル]

以前にラブホテルの利用方法ということで、記事を書いていますが当時は
自分の住んでいる周辺地域限定の利用法だったことが、その後の経験から
わかりましたので、約三年振りに改訂版という形で、もう一度入室から、
退室までまとめることにしたいと思います。

まず入室ですが、以前の私の考えの中には電車で行くという選択肢は全く
なかったわけですが、東京周辺では公共交通機関の発達や月極め駐車場の
料金が高いという関係もあるのか、駅の近くには当然のようにラブホテル
があるというのが小さな驚きでした。(余談ですけどね。)

ほとんどの場合、誰しも外観でホテルを選ぶと思いますが、外観と館内は
連動していることが多いと、私の経験した限りではあると思います。

続きを読む


共感する(26)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

ラブホテルの現状 [ラブホテル]

以前、ラブホテルの呼び方についての話をしましたが、最近はラブホテル
情報の特集を組んでいる出版社による、カップルズホテルとか、それぞれ
の地域ごとに違った呼び方があったりして、今までの例よりも更に多様化
複雑化しているような気がします。

ズーッと昔の連れ込み旅館とか、連れ込み宿と言われていた頃は、目的も
まんま、それ一つのみのセックスをするだけの施設だったわけですから、
そのような時代と比べたら、岩盤浴の設備から露天風呂、屋外プールに、
オンデマンドビデオシステム、さらに、乾燥機付きのランドリー設備とか
趣味に走って、コスプレ衣装の貸し出しや、SM系で木馬や張り付け台、
性器同士を結合させてスイッチを入れると本人達が動かなくてもセックス
の動きが出来る電動セックスマシーンや、婦人科の内診台とか、とにかく
セックスをレジャー的な捉え方をした備品がとても多くなっているので、
単にセックスをするだけではもったいないような感じです。

続きを読む


共感する(12)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚