So-net無料ブログ作成

子宮筋腫手術の術後ケア [大切なこと]

内容が深刻とまでは言いませんが、他人事と思っている方も多々あるかも
知れないようで、自然に感じるキスの仕方とか女性器の愛撫の注意点など
性愛関連の話を書いている時のようにはアクセスはありませんが、個人的
に思い入れのある内容なので、読んで欲しい人のために続きを書きます。

0-lovers-18.jpg

まず手術の縫合の後ですが、人は生きていますからどうしても傷跡は元に
戻ろうと細胞が増殖するので傷跡が痒かったり、目立たない方が良いのに
と思っていても逆に少し盛り上がってきたりする場合があります。


出来るだけお腹を動かさなければ静かに落ち着いていきますが、話したり
笑ったり咳をする度にお腹は動きますから、全く動かないようにすること
は絶対に不可能なことですので、しばらくは我慢するしかありません。

術後一年が経過しても傷跡がうずくことはあるようですので、完全に痛み
がなくなったり、痒みがなくなるまでは時間の経過が必要だと気持ちの上
だけでも準備することで感じ方は変わると思います。

動かなければ傷跡は収まっていくと書きましたが、逆にあまり動かないと
お腹の中の内臓が癒着してしまうということがあります。

子宮のあった位置に膀胱や腸、卵巣などがモニョモニョと移動しますから
術後の回復期に傷口をふさごうとする力=回復力によって、傷口の内側に
内臓の一部が癒着してしまったりするので、あまり体を動かさないと内臓
同士が癒着して本来の機能が発揮できなくなって健康状態に危害が及ぶと
いう場合もありますから、あまり傷口を気にして動かないのも、逆効果に
なりますから心配な痛みがある場合などは、早めに医師と相談して身体の
動かし方を考える必要もあると思います。

子宮を摘出する時には卵巣や膣は残す場合がほとんどですので、特に膣は
膣の奥の子宮口のあった部分が最奥になっているので、セックス以外では
オナニーで指やローターなどを入れる以外には動きがありません。

動きがない=使わない部分が癒着するということになるので、セックスを
全くしなくなると膣内が癒着してペニスを挿入しようとするだけで、強い
痛みが出るようになりますので医師から許可が出たら、自分自身が負担に
ならない程度でセックスをすることは臓器の癒着を防ぐと共に女性として
の自信を失わないためにも重要なことです。

奥さんが子宮筋腫の手術を受けた後、お腹の傷跡や子宮がないことを指摘
してセックスをしなくなる夫も少なくないと私自身の周囲では聞きますが
それはおかしいと思います。

元々がセックスレスの場合だったら奥さんも夫とはセックスをしたいとは
思わないかも知れませんが、手術前までは普通にセックスをしていたなら
さらに奥さんの意思を無視してでもセックスを強要していたのに、手術を
受けた途端にセックスをしなくなるなんていうのは最低だと思います。

話が逸れつつあるので軌道修正します。

結論としては三カ月程度は今までお腹の中に遭った一部が失われたことの
違和感で痛みを感じたり、腹筋を動かすことで痛みを感じるのでトイレで
お腹や女性器周辺に痛みを感じる場合がありますので、事前に心の準備を
して自分だけではないという余裕を持つようにしたいただきたいですね。

子宮筋腫がなくなることで、生理痛や貧血など直接の症状が治まりますが
さらに筋腫によって圧迫されていた膀胱が解放されることで頻尿や尿漏れ
などの症状が改善されますし、持ち上げられていた胃腸が解放されるため
食欲増進や便秘の改善なども進められます。

食べる量が増える人もいるようですが急激に体重が増加することは健康上
あまり良いことはありませんので多少は抑えた方が良いかなと思います。

後、全身麻酔で手術をした人には影響はありませんが腰椎麻酔をした人は
腰椎から注射針を抜く際に本当に少量ですが髄液が漏れるために、脳内の
髄液と下半身の髄液に圧力差が出るため、脳自体が腰の方へ引かれること
になって大半の人に頭痛が起きるようになります。

徐々に改善はされますので最大で半年程度は頭痛がある場合もあることを
理解しておくことで、原因不明の頭痛に悩まされるということがなくなる
かも知れません。

原因不明なのは辛いですが、原因が明確なら同じ痛みでも感じ方は違うと
いうことは自分自身の腎臓結石の経験で分かります。

理由が分からなくて背中から腰にかけて激痛が出た時は死ぬかと思うほど
痛みを感じましたが救急車で病院に着いて、医師から痛いけれど死ぬ病気
ではありませんから大丈夫ですと言われただけで痛みはかなり軽くなった
という経験をしているので、痛い理由を知ることは重要だと思います。

最後にセックスの再開ですが、膣が癒着するのでセックスは必要ですとは
書きましたが体内でも縫合しているわけですから、いきなり膣奥を突いて
女性が快感を得るなんてことは100%あり得ません。

癒着はしていなくても膣自体は試験管のように形があるものではなく袋状
の器官ですから、ゆっくりと押し広げるように挿入しても痛みを感じる位
だと思いますので、あくまでも優しくゆっくり丁寧に、初めてセックスを
する女性とのセックスのように愛情を持って接して下さい。

女性自身に愛情を持つことなく、ただ自分の欲望を満たしたいと考える人
は心身ともに傷ついた術後の女性とセックスをする資格はありません。

女性に痛みを与えることが女性に快感を与えることだ、と勘違いしている
サディストの男は術後の女性とのセックスは無理だと自覚するべきです。


共感する(16)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。