So-net無料ブログ作成

セックスレス・日本の現状 [セックス]

セックスレスという言葉が、日常的に朝の情報テレビ番組でも特別に意識
しないで使われるようになってきています。

ほんの5年ほど前だとしたら、セックスという言葉も少なくとも子どもが
視聴する可能性のある時間帯には自主規制の対象だったと思いますが今は
そんな規制もなく、普通の話題として取り上げられているわけで、それは
個人的には悪いことではないと思っています。

少子化が云々と話題には出ますが、ではセックスをする時間を作るために
何か出来ますか?と正されたら、まさか国として何曜日はセックスの日で
精力剤を各家庭に配るとか、妊娠検査薬を40歳以下の女性に支給するとか
そんな政策は個人の自由意思の領域に踏み込めるわけがないのです。


girl-420.jpg

ですから国務大臣の中に少子化担当大臣なんて役職を作るのもアホらしい
話なわけで、その大臣が可能な限り子どもを産むとか、競走馬の繁殖馬の
ようなことが出来るわけもなく、お飾りの大臣なんて意味がありません。

大体、本来なら少子化担当大臣という名称もいい加減なもので、そのまま
読んだら少子化を進める大臣みたいな肩書きで、少子化を解消したいなら
少子化抑止担当大臣とか、もっとわかりやすく多子化推進大臣とか前向き
な名称にした方が良いと思います。

なんて話をここで延々としていても意味がありませんので、セックスレス
の話に戻しますが、日本で騒がれているセックスレス、実は世界的な視点
で見たら、どの程度のレス率だとイメージしているでしょうか。

セックス回数の調査というのは、コンドームメーカーとか家族計画を推進
している団体などが割と熱心に行っていて、幾つかのデータがあります。

そんな複数のデータがある中でも、やはり日本人のセックス回数は抜群に
少ないという調査結果ばかりですので、世界に認められたセックスレスの
国が日本ということになるわけです。

girl-419.jpg

ちなみに1位は164回/年間のギリシャで、145回/年間のブラジルが続き
という感じになっているのに対し、日本は45回/年間で最低です。
さらに私の周囲で自らセックスレスを公言している人は、数か月前とか、
半年前にセックスをして以来、皆無と言っているぐらいなので年間45回と
いう数字も実は上げ底な数値なのかも知れません。

そんなわけで、日本がセックスレスの国であるという指摘は事実であって
当事者にとっては問題ではないかも知れませんが、パートナーがセックス
に無関心な方の当事者(本人はセックスをしたいと考えている場合)には
大きな問題であると思います。

1-hair-128.jpg

日本のカップルがセックスレスになりやすい原因の一つについて、次回で
は纏めたいと考えています。


共感する(15)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。