So-net無料ブログ作成

不倫の恋をする目的とは [不倫]

男性は単純に「後腐れのない人」を選ぶ傾向が強いのに対し、女性の場合
には、現在の夫を超える条件を持つ人を選ぶという説があります。

その選択の過程には動物的な本能(深層心理)が強く影響しているという
見方があり、なかなか興味深いと言うか、女性が男性を選ぶ一つの基準が
理解できて面白いと思います。

不倫相手を選ぶ基準の前に、まずは夫を選ぶ基準があるわけなんですが、
その基準というのが「生活の安定」なわけです。
さらに細かく言うなら、あまり賢くなくても良いので、冒険心が旺盛とか
洞察力が鋭い等の、夢大きく切れ味の鋭いタイプはダメなんだそうです。


girl-120.jpg

結婚生活は、長く安定して波風のない生活が第一であり、日々の暮らしが
ジェットコースターのように不安定では困るわけです。
男のロマンでも、体制の維持に反抗する反社会的な思想でも、びっくり箱
のような思い付きを実行する人でも、とにかく生活が安定していなければ
それは女性にとっては非常に困るわけです。

ですから、幾ら楽しい人であっても、夢追い人のような人であっても家庭
を守ってくれる人でなければ、夫としては不適格なわけです。

これは性的な部分も同じで、あまりにも特殊な性癖の人とか、常日頃から
セックスは毎日しないと満足できないというような人と結婚してしまえば
体調が悪くてもセックスに付き合わなければならないなど、不利益を被る
確率が高くなりますから、結婚相手に選ぶのならばセックスは淡白な人が
良いということになるわけです、一般的な傾向としてはですけどね。

pantie256.JPG

このような条件を吟味して、全ての基準をクリアにして結婚を決めても、
結婚後に、突然、豹変してしまう人もいる(家庭にお金を入れないとか、
生理の日でもセックスさせろと迫るとか…。)ので、結果として離婚とか
家庭内別居が顕在化してくるわけなんですが、それはまた別の話という事
で、今回は深入りしない様にします。

で、不倫の話なんですが、安定していて面白みのない夫に代わって、夢や
悦びを与えてくれるのが不倫相手なんですよね。

pantie257.jpg

生活感はないけれど自由になるお金をたくさん持っている人とか、学者肌
で一緒に生活をすると息が詰まりそうだけど、優秀な遺伝子を持っている
ことが確実な天才・秀才タイプとか、アブノーマルなセックスで何度でも
絶頂へと導いてくれるセックスのテクニシャンとか、そんな人たち。

実は不倫をする女性の多くが、本人の意識的な行動ではないにも関わらず
排卵日に不倫相手とセックスをするという傾向があるようで、無意識に、
優秀な精子を体(卵子)が求めているということになるようです。

優秀な遺伝子を受け継いだ不倫相手との子を、平均的な遺伝子を持つ夫が
セッセと働いて養育するというのは、一見ホトトギスのような家庭生活に
見えますが、子どもの本当の父親は母親しか知らないという事実もあり、
表面化することは少ないような気がしますよ。

そのように考えてみると、もしかしたら、うちの子もあまり自分とは似て
いるとは言えない様な気がするなぁ~、なんて思う人も結構な割合で存在
しているのかも知れないのですが、知らぬが仏という言葉もありますから
あまり真剣に追求しない方が幸せなのかもしれません。


共感する(23)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 23

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。