So-net無料ブログ作成

婚外恋愛でセックスをする理由 [恋愛]

基本的には世界の常識は一夫一婦制であり乱交はタブーであるというのが
正しい姿であるというように認識はされています。

日本の制度いう戸籍という血統管理(家系)のためには、一人目の子ども
の父親から三人目の父親の子どもが全て違うということでは管理すること
が困難になるという行政側の理由にもよるでしょうし、優生保護法などの
法律の理念からも父親と母親は明確でないと近親相姦を完全に把握すると
いうことが困難になるという事情もあるものと思います。

が、事実としては同時期に複数の人とセックスをしていたために子どもの
父親は正確にはわからないという例が日本以外の国でも実際に起きていて
DNA鑑定をしてみたりして多額の費用をかけて徒労に終わる例もあれば
実際に別の男性の精子によって受精していたことが判明して、離婚したり
損害賠償請求が行なわれたりする例も増えてきています。


girl-111.jpg

一昔前には血液型が一緒なら、それ以上は調べようがなかったわけですが
現代はDNA鑑定の技術が一般化してきたために、別の部分での悲喜劇も
演出するようになってきているわけですが、個人的には血液型が合致とか
妊娠する前に避妊をしないでセックスしていたのならば、それ以上に白黒
付ける必要はないのではないかと思いますが、多額の財産をお持ちの方は
財産の流出を防ぐためならば愛情と信頼の崩壊は二の次みたいなようで、
元々、高額なDNA鑑定をしようと考えている人には、財産の保全の方が
重要度は高いということなのかも知れません。

女性は同時期に何人の男性と平行してセックスをしていても本能的に受精
した精子の相手がわかるという説もありますが、動物から人間へと進化し
そのような野生の勘は働かない人の方が多いのでは?と私は思いますから
男性が自分の子だと判らないのと同じく、女性も同一条件で何人もの男性
の精液を受け入れているとしたら相手を確実に確定することは困難である
と思いますが、女性の場合にはセックスの時点で排卵期を外したりして、
ある程度のコントロールをすることが出来る部分があると思うので、受胎
したいと思う男性を選別することは可能だと思います。

1-hair-9.jpg

そんなわけで、精液を受け入れながらも受精には至らないセックスをして
性格や収入面で満足のできる男性と結婚をして、あえて受精しやすい時期
にセックスをして、本当に好みのタイプの外見の男性の子どもを受胎する
という、ある意味では乱交を実践している女性も少なくはないようです。

生物学的には同じ精子の男性だけとセックスをしていると精子の選択肢が
限られるために不妊の原因になったり、例え優れた両親であっても両親の
能力を引き継ぐ子どもが生まれにくいということになるので、あくまでも
生物としての営みであるのならば、何人かの男性の精子を受け入れて本当
に生命力の強い精子が受精することで優秀な子孫が残せるようです。

というようなことから、浮気をしたいという心理は男女共に潜在的に持ち
それを実践するかどうかは本人の倫理観(人としての社会との関わり方)
次第であり、社会動向にあまり興味がなく自分の人生を充実させることが
生きる意味であると考える人ほど、実際に不特定の異性とセックスをする
ことに積極的であるようです。

hairy307.jpg

ただ、女性が婚外恋愛でセックスを求める時には排卵期を外す傾向が強い
のに対して、男性は無頓着であることが多いという統計もありますから、
理論と実践には違いがあって、優秀な子孫を残したいという目的で不特定
の男性とセックスをする女性は少ないようですし、男性の場合だとさらに
単純に性欲の発散という目的だけのためにセックスを求める人が多いこと
になるみたいですね。

高尚な理由を100個並べるよりも、一瞬の快感に突き動かされる人が実は
多いんだよという証明みたいな話になってしまいました。

最後に一つ付け加えるとしたら、浮気でするセックスで満足する人の割合
と、いつものパートナーとのセックスで満足する人の割合は実は半々程度
になるようで、いつもの快感ポイントを熟知している人とのセックスの方
が安心して体を任せられると考えている人が半分はいるということです。

婚外恋愛ではなく、いつものパートナーとのセックスで快感を追求すると
いうことを、もう少し真面目に取り組むことも必要なのかも知れません。


共感する(20)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。