So-net無料ブログ作成

口で愛する楽しみに目覚めた私 [セックス]

セックスの作法というかマニュアルと言うか、標準の流れを決めるものが
あるわけではありませんが、現在の若年層の間では指を使った愛撫の後は
クンニリングス(女性器を男性が口で愛撫)やフェラチオ(ペニスを女性
が口で愛撫)をするというのは定番コース化しているようです。

私が若かりし頃にも当然、フェラチオやクンニリングスという愛撫方法は
ありましたが、毎度のセックスのコースの中の一品というよりは記念日や
給料日などのスペシャルメニューという感覚がありましたし、基本的には
恋人同士や夫婦間の行為というよりは性風俗店のサービスの一種だったり
アダルトビデオで見て憧れ?を持つ性技だったように思います。

実際のところ、うちの奥さんは不倫時代には数回程度はクンニリングスを
受け入れましたが自分自身は好きじゃないということで、結婚してからは
女性器を間近で見たこともありませんしフェラチオも皆無になりました。


girl-69.jpg

というような個人の事情はともかくとして、奥さんがクンニリングスとか
フェラチオを嫌いと言っているにも関わらず婚外恋愛の女性がなんの躊躇
をすることもなくペニスを咥えてくれて、さらに口の中に出しても良いよ
とか、飲んであげるなんて言われたら、それだけで感動してしまうぐらい
単純なのが私なのです。

が実際のところクンニリングスを好んでしているか?と問われた場合には
現在はともかくとして以前は嫌いでした。
もう今は、お付き合いは全くありませんが、ある女性からクンニリングス
をリクエストされた際、少々のためらいを見せた時に、クンニリングスが
嫌いなんでしょうと指摘されたぐらいですから顔に出たと思います。

過去にセックスをした女性が女性器を舐められるということに抵抗のある
人ばかりだった(一番目の奥さん、現在の奥さん)ということもあって、
積極的に舐めたいとは思わなかったということが一つ。

また、以前に珍しく舐めてと言われて女性器を舐めていたら濡れた女性器
を押し付けられた上、足と手で頭を押さえ込まれたことがって、鼻と口が
割れ目の部分にピッタリと押し付けられて、本当に死ぬかと思ったことが
一種のトラウマ的体験になっているからというのも一つです。

hairy252.jpg

指でクリトリスを触っているだけよりも、舌先でクリトリスを舐める方が
確実に女性が感じるということを実感している今では、女性からの特別な
リクエスト依頼がなくても、クンニリングスで女性を感じさせる楽しみに
目覚めてしまったので、嫌だとは思わなくなりました。

但し、女性器を舐めるわけですから本当に好きな人にしか出来ないことに
変わりはないわけで、初対面の人の股間に顔を突っ込んでクンニリングス
をすることは今後も無いでしょう。

逆に女性も好意を持たない男性にあえてフェラチオをしようとは思わない
でしょうから、最終的には相手の人に対する気持ちの問題で愛してるとか
信頼してるとか、そんな気持ちが無ければ出来ないことだと思います。

ということで、大切な人にクンニリングスで感じてもらうことに楽しみと
言うか、喜びみたいなものを感じるようになった私です。


共感する(15)  コメント(0) 

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。