So-net無料ブログ作成

私のスローセックス -5 [セックス]

唇を付けている部分から口を離し、そのまま体を前にずらして行くことで
彼女の濡れている部分と私の固くなった部分が結合出来そうな位ですが、
大切な人との大切な時間ですから、深く絡み合い繋がれるようなスタイル
で繋がりたいと思います。

彼女の膣内に今度は親指を挿し入れて、人差し指でクリトリスの先端部を
刺激するようにすると、仰向けだった彼女の位置が変わり、お尻を天井の
方向へと高く持ち上げるような体位で私の指を受け入れ、膣内を掻き回す
ことを許してくれています。

親指を出来る限り奥へと突き入れて子宮口を突くようにすると顔はシーツ
の上で突っ伏したようになり、お尻を上げたまま余韻に浸る彼女でした。


pantie164.jpg

そんな彼女の後ろへと回り、左右の腰に手を当ててペニスの位置と彼女の
女性器の位置を摺り合わせて、そのままゆっくりと腰を前方に動かすと、
熱く濡れた彼女の襞に包み込まれたことが実感できます。

彼女に感じてもらうことが第一、自分自身にそう言い聞かせながら思わず
速くなってしまいそうな前後の抽送運動をなんとか理性で抑えて、彼女の
膣内の感触を確かめて子宮口が亀頭に密着する様子を感じ取り、柔らかい
襞がペニスに絡みついて愛液がペニスとの接触部分を満たす快感に耐えて
彼女が感じる部分をペニスで突き、擦り続けます。

でも我慢に我慢を重ねたペニスは、彼女の中の小さな動きにも敏感で射精
へのカウントダウンは確実に進み続け、彼女のピークに合わせて発射する
というような高度な技巧までには至らない私は、白い熱い液体を彼女の中
へと勢いよく発射してしまうのです。

子宮口のコリコリした感触、襞がペニスのエラの部分を逆撫でする快感、
感じるたびに膣口が強く弱く締め付けられる刺激、全てが私が耐えられる
範囲を超えていて、女性を快感で虜にして私の射精のタイミングに合わせ
一緒に絶頂を迎えようという計画は大体、頓挫するのが一度目の射精。

pantie165.jpg

でも、私のスローセックスはここからが本番なのです。
男の精液は生殖のためだけではなく、快感を高めるためのローションでも
あると、中に出す時には思っていますから快感の波が少しずつ引いていき
ペニスが萎えて膣口から押し出された時が二度目のセックスのスタートの
時でもあるわけで、ここから私のオリジナルな愛し方が始めるのです。


共感する(20)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 20

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。