So-net無料ブログ作成

女性の体に関する誤解 [性の悩み・性の疑問]

男性と女性では、性に関する考え方に違いがあるというのは大部分の人が
理解していることだと思いますが、男性の中には自分に都合のいいように
曲解または誤解していたり思い込みがあったりするのも事実です。

例えば、以前にも書いたことのある巨根願望伝説にしても、実際の長さが
30センチだとしても、それを受け入れる女性の膣内の長さは約13センチな
わけですから、明らかなオーバーサイズなわけですね。

それを無理やり全部入れられてしまったら、女性の方は子宮というか内臓
が押し上げられてしまうような形になるわけで、快感よりも不快感の方が
相当に大きいのは明白だと思われますが、そういう女性側の視点からでは
あまり語られない話題であるがために、とにかくペニスが大きいことは、
良いことだという伝説(伝承?)が昔から語り継がれているわけです。


pantie105.jpg

さて、今回のテーマですが話の内容は愛液の話です。
エロ系小説とかでは淫液という表現もよく見かけますが、英語表記で表現
をするとラブジュースなんて言い方もありますね。

女性が性的な快感を感じると膣内から分泌される液体のことで、小説など
では、しとどに濡れている、とか、もっと簡単な場合はグチョグチョとか
ヌルヌルなんて擬音で表現されていることが多いと思います。

女性が性的快感を得ているということを、最も如実にあらわす現象として
初心者の指南本(なんでも一度は読んでみるものです、なかなか的外れな
コトも書いてあるので面白いですよ。)では、女性が濡れてくるまでは、
前戯をして受け入れ態勢を作る準備が大切ですなんて書いてあります。

確かに快感の上昇と共に分泌される量も増えるというのは事実なんですが
それを誤解している場合もあるのが困った問題なんですよね。

例えば、一晩に何度もトライしたがる人がいたとします。
女性が「もう終わりにしましょうよ」と言っても「何言ってんだよ、ほら
○○○はしっかりと濡れているよ」といって続けようとする…。

もっと卑劣な話(創作物での話)では、女性を暴力でモノにしようとする
男性が必ずのように「言葉では嫌がっていても体は正直だな、オマンコは
グチョグチョだぜ」と、うそぶく台詞がありますよね。

あれは全てオトコ側の独り善がりの誤解(勘違い)なんですよね。
人間の体は防御本能がありますから例え望まない性行為であろうが自分の
体を守るために膣液が分泌されるものなのですよね。

そうしないと重度の傷害を受ける場合があると想定された場合には人の体
は、なんとかして傷害の程度を軽くしようと自らの体を守るようにする方
へと導くわけです。

それを理解しない一部の男はデリカシーがないとかジコチューとかと非難
されても、ホントは感じてるクセになんてヘラヘラしている場合もあって
男と女の間には、やはり暗くて深い川があるようです。

婦女暴行なんてのは想定外で以ての外ですが、やはり女性の体についての
知識も正確にタイムリーに仕入れないと、なかなか良好な関係を維持して
いくのは難しいかと思いますです。

尚、膣液(愛液)の正体ですが、ほぼ100%が血漿です。
※ 血漿=血液から赤血球などの成分を濾したものですね。

あれを飲んだり舐めるのが好きという人もいるようですが、血液を吸って
いるのと同じわけですので、相手の人がAIDS(エイズ)とかB型肝炎
に感染していたり、STD(性行為感染症)に罹患しているような場合は
そのあとでコンドームを使おうが何をしようが全くの無意味です。

あまりノーマルでないことをするのも少々考えモノなのだと思います。





共感する(18)  コメント(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 18

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。