So-net無料ブログ作成

セックス時の性器の状態 [セックス]

1990年代に、オランダの研究者がセックス中の男女をMRIで撮影したと
いう画像で女性の膣内にペニスが収まる時、ペニスは真っ直ぐではなく、
かなりのカーブを描いていることが分かります。



正常位でのセックスなので、下側が女性で上側が男性ですね。
洋梨のような形をしているのが子宮で、その先端に密着しているのが亀頭
ですからペニスだということは分かると思います。


膣内に挿入されたペニスは、ほぼ90度ぐらいの角度で曲がっているわけで
その右側にある丸っこいのはタマタマ(陰嚢)ということになります。

腰を前後に振ると、ペニスの裏側の部分が膣内で特に強く擦られるように
感じる理由もこのような実際のセックス中の断面写真を見ると、実体験が
リアルに画像に投影されているように感じます。



ペニスを根元まで挿入した時に、女性の体の中のどの部分にまで到達して
いるのか?という疑問を感じたことはありませんか?

真っ直ぐにペニスが入っているなら、そんなに上の方までは行っていない
と思っていましたが、急角度で上向き(頭部側)に曲がって挿し込まれて
いますから、意外に陰毛の生え際の辺りぐらいまでは到達しているような
感じではないかと思います。

こんなに奥まで、ペニスを受け止めてくれる女性に感謝。
思わず、そんなことを思ってしまう画像でした。




共感する(33)  コメント(0) 

nice! 33

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。