So-net無料ブログ作成

新ラブホテルの利用法 -2 [ラブホテル]

車で行っても、電車の駅から歩いて行っても、ホテルに入って最初にする
ことは二人が一緒に過ごす部屋を選ぶことですね。

私の地元のホテルと東京のホテルで確実に違いがあるのは、部屋を選ぶ際
にフロントに人がいるか、いないかの違いです。

東京は都条例の関係で、フロントに人がいて来訪客の様子が見えなければ
ならないという決まりがあります。
犯罪防止(強制的に拉致されたとか、明らかに異常なカップルなど)とか
援助交際の防止という意味合いが強いのでしょうが、パネルの写真を見て
部屋を選んだ後で、その部屋の鍵をフロントの人から受け取るというのも
なんだか違和感があると言うか、もう少し何とかならないの?と思います
が、あれが条例の枠の中ではベストな形なのかな。


love-hotel31.jpg

逆に私の地元(愛知県・岐阜県)では、パネルの中で空いているから部屋
を選んでボタンを押すと、部屋番号の印字されたレシートが出てくるので
そのレシートを持って部屋へ直行です。

もしかして東京の人が名古屋エリアのラブホテルを利用した場合には私が
東京のラブホテルで感じたのとは逆の違和感を感じるかも知れません。
部屋の鍵は?とかね、愛知・岐阜のラブホテルにはそもそもルームキーと
いうものがありませんから全く違った感じを受けると思います。

パネルを見て部屋を選ぶ際、皆さんは何を基準に部屋を選びますか?
飛び込みで入った場合は、室内設備が何があって、そのホテルではどんな
設備がウリなのかというのは、なかなかわかりませんから、可能であれば
事前にインターネットなどで特徴をチェックしておくと利用しようとする
ホテルで、できればこの部屋の設備を使ってみたいなという予習が出来て
部屋を選ぶ際に、あまり考え込まなくて済むと思いますよ。

女性がどういう風に感じているかはわかりませんが、あまり長い時間あの
パネルの前で考えていると、この人は通常のセックス以外に何かしようと
考えて、備品を見比べているのかしら?とか思われていないかなとか結構
気を使ってしまうんですよね。

ですから、例えばソフトなSMしてみたいな、とか、バスルームでマット
を使ってソープランドゴッコをしたいな、みたいな希望があるのならば、
事前に希望するルームナンバーを幾つか覚えておいて、その部屋を素早く
押さえてしまうというようにすると、この人は私のために事前にメニュー
まで考えてくれたのね、とか、人が入ってくるフロントで私を待たせない
ように気遣いをしてくれたのね、とか思ってもらえるかも知れません。

そんなにセックスしたかったのかしら?と呆れられたり、引かれたりする
ということもないとは言えないので、諸刃の剣とも言えそうですからね、
ある程度、相手の女性の性格とかを把握してからの方が良いかもです。

ちなみに、東京で露天風呂付きという部屋がありましたが、いわゆる温泉
の露天風呂ではなく、室外にバスタブがあるというものでした。
周囲のビルからは丸見えで、少なくとも昼間だったらとても使えません。
そういう部分も想像力を膨らませて考えた方が良いと思いますね。

話が長くなったので、次回でももう少し設備の話をしようと思います。






共感する(43)  コメント(0) 

nice! 43

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。