So-net無料ブログ作成

結婚とは…。 [結婚]

幼馴なじみの近所の人と結婚をして、何の不満もなく過ごす人。

街で擦れ違いざまに声をかけられ、唐突な交通事故のような初体験をして
そのまま別れることもなく結婚してしまった人。

お見合いをして吟味に吟味を重ね、それでも踏ん切りが付かなくて、
結局は結婚をすることを諦めてしまった人。

自分の年齢は棚に上げて、とにかく20代の女性だけしか結婚対象にしない
と公言して、いつの間にやら50歳を過ぎてしまった人。


wedding-106.jpg

その時には世界で一番の幸せを手にしたと思っていたのに、いつの間にか
二人の間に溝が出来て離婚してしまった人。

私の周囲で知っているだけでも色々な恋愛と結婚があります。
愛の形に定型がないのは誰もがご存知の通りですが、いつの間にか誰かが
枠を作ってしまい、その枠に収められないものは認めないと否定する、と
いうことを始めてしまう時期があります。

wedding-107.jpg

俗に言われるところの結婚適齢期であり、男性なら所帯を持つと言われ、
一つの人生の転換期というものになるわけです。

でも、その枠に収まったから幸せな結婚生活が送れているのかと言うと、
特に何も良いことなんかはない、というのがほとんどわけで、逆にヘンな
しがらみや予想外の邪魔者が出てきたりして、とても不快な思いをする事
があるのも、これまた現実だったりするものです。

wedding-108.jpg

他人が作ったレールの上を真っ直ぐ歩いていくのは快適なことである反面
それを外れた時に豹変した他人の攻撃は、これまた執拗で凄まじい場合が
あるというのも、頭の中に入れておく必要があると思います。

恋愛のいろいろなトラブルを見てきた経験者からのアドバイスです。

結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 (光文社新書)
結婚と家族のこれから 共働き社会の限界 (光文社新書)筒井 淳也

光文社 2016-06-16
売り上げランキング : 2327

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
仕事と家族 - 日本はなぜ働きづらく、産みにくいのか (中公新書) 働く女子の運命 ((文春新書)) 子育て支援が日本を救う (政策効果の統計分析) ルポ 父親たちの葛藤   仕事と家庭の両立は夢なのか (PHPビジネス新書) 日本の家族 1999-2009: 全国家族調査[NFRJ]による計量社会学 (090)未婚当然時代 (ポプラ新書) なぜ女性は仕事を辞めるのか: 5155人の軌跡から読み解く (青弓社ライブラリー) 不平等との闘い ルソーからピケティまで ((文春新書)) (091)超少子化 (ポプラ新書) 子育てと仕事の社会学―女性の働きかたは変わったか (現代社会学ライブラリー 15)



共感する(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました