So-net無料ブログ作成

最近は聞かないポリネシアンセックス [セックス]

どうしてポリネシアンセックスという名前なのかはよくわかりませんが、
基本的には日本の貝原益軒が書いた「養生訓」の接して漏らさずみたいな
射精を目的としない精神的なつながり、精液を女性に注ぎ込むのではなく
「気」を相手とやり取りするみたいな感覚の精神の満足感を高めあう為の
交わりみたいな感じのセックスのことですね。

基本的に五日間のローテーションと言うか、一回のセックスに五日の日数
をかけて完遂するというもので、精力の有り余っている若者にはちょっと
辛いのでは?というものです。

セックスをする準備期間の四日間の間もテンションを高めていくために、
抱き合って寝るようにする(裸で抱き合うと指導している本もあるみたい
ですが、それじゃ我慢大会になってしまうような気がします…。)とか、
二人の精神的な繋がりをスキンシップで強めていくわけです。


pantie109.jpg

first-sex120.jpg

first-sex123.jpg

そして挿入当日は、電話やテレビ等の気が散る音源は全て電源オフにして
まずは裸になって抱き合うわけです。

その後、キスから始めて全身への愛撫へと移り、最低でも一時間を愛撫と
前戯のために費やすのですね。

男性が固く勃起し、女性が充分に潤ったところで二人が抱き合って愛情を
感じられる体位(普通に考えたら、正常位でしょうね)でゆっくりと深く
挿入して30分間は動くことなく、相手の身体との一体感を感じます。

そして、いよいよ30分が経過したら、ゆっくりと前後にペニスを出し入れ
するようにして、可能であれば二人の絶頂を合わせるようにして、膣内で
射精して、そのままペニスが萎えて自然に抜け落ちるまで、再び抱き合う
というものですから、生理の直前の妊娠しにくい日を選ぶとか、いわゆる
ピル(経口避妊薬)を処方してもらうとか、ネオサンプーン錠みたいな、
殺精子剤を使うようにしないと妊娠の危険性は大きいですから要注意だと
思います。(コンドームは萎えた時に脱落するのでダメです。)

逆に妊娠したい人は、この方法だとリラックスして自然に精液を膣内深く
受け止めることが出来るので妊娠しやすいらしいですよ。

というような流れで、セックスのスタートから二時間程度をかけて終わる
わけなので、自宅では難しい場合もあるかも知れませんね。

そんな場合はラブホテルではなく、シティホテルを利用してみるのも更に
気分を盛り上げられて良いかも知れませんね。

問題があるとしたら、早漏気味の人が30分間の挿入に耐えられるかという
部分と女性側も膣内にペニスが挿入された状態で自然に腰が動いたりして
射精を促すような行動に出てしまわないかという部分でしょうね。

ある程度、経験と歳を重ねた人ならば大丈夫でしょうが、若い人の場合は
30分のインターバルはなかなか辛いかもしれません。
でも精神的に最高の満足を得るために頑張ってみて下さい。

私は…歳を重ねて経験もそこそこにありますが、どうかな?30分持たせる
というのは、難しいんじゃないかなぁ。

ポリネシアン・セックス (ベスト新書)ポリネシアン・セックス (ベスト新書)
吉沢 明歩

M系セックス (ベスト新書) エロスと精気(エネルギー)―性愛術指南 フィンガーセックス (ベスト新書) 焦らしセックス (ベスト新書) サイレント・ラブ

by G-Tools



共感する(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 8

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました