So-net無料ブログ作成

女性の下着はハイテク技術の結晶 [雑記・雑学]

一昔前、女性の下着売場は女性だけの秘密の花園であり、その世界に足を
踏み入れるのは、女装趣味に目覚めた一部の男性を除いたら全て女性のみ
というのが基本であり原則であり当然のことでした。

しかしながら、今では女性の下着売場に男性が配属されるのは当たり前で
女性のデザイナーが女性のためにデザインし、女性のスタッフが開発して
試作品を作り市場に出すまでの全ての段階を女性だけで完結していた時代
は終わりました。

それこそ一昔前ならば、私のように男性が女性の下着について何かを書く
なんてことも一歩間違えたら変質者のような目で見られたものなんですが
今では女性の下着ブランドについて女性を相手に会社の休憩時間中にでも
普通に話が出来るほど、女性の下着に対する悪い意味での陰湿さみたいな
ものがなくなっているように感じます。


upskirt015.jpg

upskirt016.jpg

upskirt017.jpg

とは言うものの、これはあくまでも周囲に女性の多い職場であるがゆえの
特殊な環境かも知れませんが、普通に特に下心を持つようなことも無く、
下着のデザインなどについて話が出来る場が増えているのは確実なことと
思いますが、皆さんの職場ではどうなんでしょうね。

ブラジャー一つにしてもカップの形が見えにくいシームレスカップタイプ
が出来てから、ワイヤーが形状記憶合金になったり寄せて上げるタイプが
持て囃されたかと思えば、大きなバストを小さく見せるブラとか、個人毎
に主張したい部分をピンポイントで補正するタイプが続々と発表されて、
女性用ふんどしと大々的に話題になったウンナナクールなど、今迄の女性
には受け入れられなかったであろうデザインも普通に市販されています。

女性のデリケートな部分を覆いつつ肌触りや素肌への影響など、数多くの
課題をクリアしなければならない下着は、自動車レースにおけるF1並み
の開発競争であり最先端技術の結晶であるわけで、一部の男性が女性下着
の肌触りを経験したら男モノをなんて履けないという物理的な感覚は理解
出来るような気がします。(心情的には理解できないけど。)

そんな下着の開発競争の中で最高レベルの品質を評価されているワコール
などの日本メーカーは、もっと大々的にジャパンプレミアムとして世界に
誇るべき企業であると私は個人的に思っています。

じてんしゃパンチラ2「ちょっと見る版」: こんな瞬間、風はぼくの味方をする (五十六フェチ倶楽部)じてんしゃパンチラ2「ちょっと見る版」: こんな瞬間、風はぼくの味方をする (五十六フェチ倶楽部)
五十六

じてんしゃパンチラ「有料版」: こんな瞬間、風はぼくの味方をする。 (五十六フェチ倶楽部) 杉原杏璃「ダメだけど…イイよ」 女子校生 禁断の聖域 vol.2 じてんしゃパンチラ2「完全版」: こんな瞬間、風はぼくの味方をする。 (五十六フェチ倶楽部) 女子校生 禁断の聖域 vol.3 美少女☆爛漫女学園

by G-Tools



共感する(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました