So-net無料ブログ作成

女性の下着が魅せる衣装になったわけ [セクシー]

フランス・パリでは、ファッションの都と言われるだけに、各種の用途の
ファッションショーが頻繁に開催され、女性の自然体の姿を美しく見せる
下着についてもヨーロッパのメーカーを中心とした新作が季節の変わり目
を先取りした形で発表され、メディアは高級ランジェリーと表現します。

ただ、実際のところ発表された下着を個人目線で見た場合どの部分を見て
高級という表現に落ち着いたのかが今一つ分かりません。

アメリカの高級ランジェリーというと本当にレース素材が多用されていて
手間暇かけてお金もかけていますという感じが見えますし、日本製の高級
ランジェリーだとベース素材をシルクにするだけでなく包み込む部位毎に
素材を変えたり組み合わせたりという細かい気配りがされていて、全体の
どの部分も蒸れたり、透けたりしないような作りになっていますが、特に
ヨーロッパの展示会の様子を見るとそのような気遣いはなさそうです。


pantie067.jpg

pantie068.jpg

pantie069.jpg

ヨーロッパのデザイナーは内側の下着よりも外側の衣服を重要視している
ということなのか、ゴージャス、セクシー、キュートの感覚の違いなのか
その辺りは専門知識のない私には分りませんが、国・地域による認識の差
は確実にあるだろうなと思います。

ただ下着がただ単に素肌を清潔に保ち、必要な部分の保湿と吸湿を行ない
体温を保つだけのために必要なものであるのなら、世界各国でこんなにも
多くのデザインや素材、色調のバリエーションは派生しないわけですから
下着(特に女性の場合)には何らかの意味があるのは明白だと思いますが
女性自身も的確に答えることは難しいような気がしないでもありません。

幼女(ロリータ的意味合いはない)から少女へと成長していく過程で下着
の種類は増え、バリエーションが充実し、華やかな時期を過ぎるのに伴い
再び選択肢は減って行き、艶とか華とかといったイメージの感じられない
何種類かの形態と単色からの選択になっていくという変遷は、男性の衣類
ではあまりないことであり、それが女性の魅力を高めることに繋がること
である反面、女性が自ら老いを自覚する効果を生じさせている場合もある
ということなのかも知れません。

本来ならば衣服の下に着けるから下着のはずなのに、それをあえて表向き
にアピールすること、秘する存在が見せる存在になり、それがさらに進化
して男性だけを対象としたものではなく同性の女性や自分自身に対しても
魅せる存在となったかの理由は女性の成長を彩ることにあるというように
個人的には結論付けたいと思います。

ということは、下着メーカーのデザイナーが考えなければならないことは
女性の経年をどのようにサポートするのかが求められるわけで、60歳に
なった女性が慣例的に還暦の赤いパンツを履くのではなく、ゴージャスで
セクシーな赤い下着を付けて女性である楽しみを満喫できるようにすれば
いろんな意味で世の中は明るくなると思います。

感覚論だけでなく技術的な裏付けがあれば私も女性の年齢の変化に応じた
下着をデザインするなんてこともしてみたいものですが、日本は世界でも
有数の素材とデザインが供給される国ですからね、あくまでも一つの興味
の対象として、女性のライフスタイルをアクティブに支える下着の登場が
近いうちにあるような気がします。(自分が履くんじゃないよ…。)

下着姿鑑賞「川奈ゆう」Vol.1 お試し版: 下着フェチ必見 (GURA FETI)下着姿鑑賞「川奈ゆう」Vol.1 お試し版: 下着フェチ必見 (GURA FETI)
五十六

週プレ No.22 6/1 号 [雑誌] 杉原杏璃「ダメだけど…イイよ」 じてんしゃパンチラ 3 おーえる編「完全版」: こんな瞬間、時はぼくの味方をする (五十六フェチ倶楽部) 女子校生 禁断の聖域 vol.2 人妻 厭らしすぎた身体 辻柚音 必撮!まるごと☆

by G-Tools



共感する(16)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 16

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました