So-net無料ブログ作成

ピンクリボン強化月間 [大切なこと]


自分自身の周囲で乳がんに罹患するとか、亡くなるといった話が、現実化
しているだけにピンクリボンキャンペーンには強く関心を持っています。

以前はキャンペーン期間に集中的に実施されていましたが、今では一年中
ピンクの胸章のキティちゃんとかも登場したりしていて、以前よりも普通
に幅広い媒体で告知がされるようになっています。

元々はアメリカで乳がんによって亡くなった家族の方が「乳がんによって
悲しむ人をなくす」という願いを込めてピンクのリボンで、乳がんの啓発
活動をはじめたものなんですが、それから約20年で東京タワーにピンク
のリボンがかかったりするようにもなってきて、世界各地のランドマーク
で同じようなイベントが行われています。


tits01.jpg

tits02.jpg

tits03.jpg

乳がんは母乳を作る乳腺に出来るがんで、日本では20-30人に一人の
割合で発症すると言われている病気で、あまり適切だとは言えない表現を
使えば身近な「がん」ということになります。

現時点では予防する手段はありませんが、早期発見のしやすい癌ですから
日頃のセルフチェックや集団検診でも発見される割合が高く要精密検査と
指導されることも珍しくない病気になっています。

乳がんの発生に関わるもっとも大きな因子はエストロゲンというホルモン
月経(生理)に深く関わる女性ホルモンの一種で、月経が続く限りは分泌
が続くものなんですが、このホルモンが動物性脂肪や高カロリーの食事と
関係することによって乳がんの危険度を増していると言われています。

もちろん、確実な原因とされているわけではないのですが、欧米型の食事
よりは和食と言われる脂肪分の少ない食生活の方が、乳がんになりにくい
体質を作るのではないかと考えられています。

途中で書いたように、乳がんは早期発見のしやすいがんです。
自宅で出来る自己検診、集団検診、そして少々専門的なマンモグラフィー
など、診断を助ける手段はたくさんありますから怖がったり、面倒がらず
女性の方は自分自身と愛する全ての人のために積極的に検診を受けて元気
な日々を過ごしていただきたいな、と思います。

但し、一部の医者は乳房を切り過ぎても命に関わることはないという考え
で若い医師の手術の練習として乳がんや乳がんと疑わしい手術をさせると
いう例があるようですので、信頼できる医師を探すのが大切です。

乳がん患者の8割は朝、パンを食べている乳がん患者の8割は朝、パンを食べている
幕内秀夫

乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか なぜ「牛乳」は体に悪いのか ―医学界の権威が明かす、牛乳の健康被害 (プレミア健康選書) 医者はなぜ、乳がんの「予防法」を教えないのか 病気にならない女性は「カタカナ食」を食べない──人生が好転し始める「1食100円」の美的メンテナンス48 (講談社+α新書) 夜中にチョコレートを食べる女性たち

by G-Tools



共感する(30)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 30

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました