So-net無料ブログ作成

女性器の神秘・セックスの後 [セックス]

セックスをした後の女性器の神秘というか、生殖器官として合理的だなと
思っていることについて簡単にまとめて書くことにします。

男性の場合は私と同じく実感はないと思いますが、セックスの相手の女性
にさりげなく聞いてもらえば納得してもらえるかと思いますし女性の場合
はセックスの後の自分自身のことを思い出してもらうと、そういうことか
と分かってもらえるのではないかと思います。

自宅では(夫とは)一回しかセックスしない女性と、二回セックスした後
メールで女性器が痛くなったりしていないかを聞いた時に、セックス後は
おりものが増えるという話を聞いて、愛液の残りではないでしょうか?と
答えたのですが、大体、セックスをした後は三日間おりものが増えるのが
不思議だと言われて、ちょっと真面目に考えてみました。


nude001.jpg

nude002.jpg

nude003.jpg

一つ考えられるのは精子の膣内での寿命です。
セックスで射精された精液中にいる約一億の精子たちは膣内で約三日間は
生存するとされていて、膣内の襞の隙間や、子宮の中で卵子が現れるのを
ジッと待っているわけですが、精子は酸性の環境に弱いんですね。

女性の膣内は重要な子宮や卵管が雑菌に侵されないように通常は弱酸性に
なっているため、アルカリ環境が好きな精子は待機中に力尽きてしまうと
いうことで、膣内のPHを適切に保つために愛液が分泌されて精子が生存
する期間内だけはアルカリ性に保とうとしているようです。

セックスの時とは言っても膣内に射精したわけではなくコンドームを使用
していますから、精子が膣内に残っているわけではないのですが、膣内に
ペニスが挿入されて生殖活動が行われたということを、脳が認識したから
膣内を潤せという指示が飛んだものと思われます。

女性器にペニスを挿入しようとすると、それまでは小さく縮こまっていた
ペニスに大量の血液が流入して女性器を押し開いて、女性の体の奥にまで
挿入することが出来るまで固く大きくなることも不思議ならば、ペニスが
膣内に挿入されることで快感が生まれることもまた、神秘な世界であると
考えられるわけで、人間の体は子孫を残そうとする行為に対して合理的に
変化することが出来るんだなと、そんなことを感じました。

排卵が28日周期なのも妊娠期間が310日なのも考えてみれば必要かつ
当然の合理的理由があるんでしょうから、あまり忙しくない休みの日等に
考えてみると面白いかも知れません。

女の一生の「性」の教科書―女医が伝えたい「知っておくべきこと」 (ブルーバックス)女の一生の「性」の教科書―女医が伝えたい「知っておくべきこと」 (ブルーバックス)
河野 美香

男が知りたい女のからだ―なかなか聞けない87の疑問 (ブルーバックス) 男が知りたい女の「気持ち」―永遠のナゾに女医が答える (ブルーバックス) 月経のはなし - 歴史・行動・メカニズム (中公新書) マンガでわかる男が知るべき女のカラダ 本当に正しい知識で女性を理解する (サイエンス・アイ新書) 科学でわかる男と女になるしくみ ヒトの性は、性染色体だけでは決まらない (サイエンス・アイ新書)

by G-Tools



共感する(31)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 31

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました