So-net無料ブログ作成

心のままに愛するから不倫は純愛 [不倫]

演歌の世界では情念というか怨念と言うか、結構ドロドロとした世界感が
表現されることが多いのが不倫の恋です。

あなたを殺して私も死にたいとか、この世で一緒になれないならばせめて
天国で一緒になりたいとか、そんな極端な結論に至ることも多いです。

でも、双方がフリーにならない限りは結婚という結果になりえない不倫の
関係というのは、逆の意味では生活とか人生を相手に託していないだけ、
もっとも無邪気に振舞うことの出来る恋愛だと思いませんか?

どちらかというと、結婚している相手に対して殺意や敵意を抱くという事
はあるかも知れませんが、不倫関係の相手はいつも大切な存在でだという
ことの方が多いように思うんですよね。


passion31.jpg

passion32.jpg

トコトン追い詰められてしまったら、そりゃまあ別な話なんですが、逆に
そんなに徹底的に切羽詰ったような状態になるのなら、それはもう不倫と
いう状態ではなくて運命共同体みたいな感覚になってしまっているので、
双方がそれぞれの元々の関係を清算する方向に踏み出せば良いわけであり
二人して心中する必要はないのでは?と思います。

というような極論の話はともかくとして、話を元に戻します。

ほとんどの場合、恋愛関係にある二人でも喧嘩の原因は生活面か金銭面と
いうのが一般的なパターンだと思いますから、不倫関係の場合には現実的
な生々しい揉め事というのは、あまり存在しないように思います。

そんな風に考えると、実は不倫というのはとても無邪気な恋愛ではないか
と私的には思うわけです。

相手の中の自分の好きな部分だけを見ていれば良いわけで、嫌なことには
目を瞑っていても何も問題にはなりません。
ただ、会っている時に楽しく過ごせればそれでいい。

そんな感じで自分の普段の生活を補完できるような関係であり、悩みとか
不安とかを相談できる相手なら、とても大切な人として恋人になれそうな
そんな気がしませんか?

演歌の世界の人生を破綻させるような不倫ではなく、日々の生活に活力と
希望を与えてくれるような、そんな婚外恋愛が出来れば毎日の生活は必ず
明るく充実したものになると思います。

但し、独占欲が強すぎる場合は無邪気な不倫は難しいかもですけどね。

軽自動車に乗る人妻はなぜ不倫に走るのか? (双葉新書)軽自動車に乗る人妻はなぜ不倫に走るのか? (双葉新書)
溜池 ゴロー

AV女優のお仕事場 (ベスト新書) モテの流儀 モテる男の何気ない習慣 家庭の主婦は昼間ナニをしているのか 奥様358人 不倫白書 叱る力 (双葉新書) 給料が増えて会社もうるおうボロ儲け経営術 (双葉新書)

by G-Tools



共感する(35)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 35

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました