So-net無料ブログ作成

セクシーな下着で誘われたい [セクシー]


フランス・パリで、下着の国際見本市「国際ランジェリー展」が開催され
ヨーロッパのメーカーを中心とした新作が発表されます。

個人的には日本製のランジェリーが素材の面でもデザインの面でも、最も
優れていると思っているので、ヨーロッパ系のメーカーのランジェリーを
見ても、セクシー、フェミニン、キュートのどの表現に対しても中途半端
な感じがしてしまいますが、魅せる下着という考え方があるのか?という
基本的な部分については、あまりないように感じられます。

アメリカのランジェリーというと、ヴィクトリアズ・シークレットに代表
されるように、レース素材が多用されていて、手間暇かけた上に、お金も
かけていますというのが外見上で一目瞭然ですから、ランジェリーショー
も華やかで、身に着けている女性も華やいで見えます。


Lingerie1401201.jpg

Lingerie1401202.jpg

Lingerie1401203.jpg

Lingerie1401204.jpg

Lingerie1401205.jpg

また日本製の高級ランジェリーだとベース素材をシルクにするだけでなく
包み込む部位毎に素材を変えたり組み合わせたりといった細かい気配りが
されていて、ブラジャーやパンティーのどの部分も蒸れたり、透けたりは
しない丁寧な作りになっているので、見えそうで見えないという男性心理
を刺激する作りになっていてセックスの時に下着を脱がせることも一つの
重要な前戯の一部だと考えています。

薄めの素材だと指先に引っかけたりして怖いなと思うのと同時に、やはり
この薄い布の中に包まれている秘密の花園という感覚が大切なんだよ、と
思ったりもするものですが、下着がただ単に素肌を清潔に保ち、必要部分
の保湿と吸湿を行ない体温を保つだけのために必要なものであるのならば
世界各国でこんなにも多くのデザインや素材、色調のバリエーションまで
派生しないわけですから下着(特に女性の場合)には何らかの意味がある
と考える人も少なくはないと思います。

幼女(ロリータ的意味合いはない)から少女へと成長していく過程で下着
の種類は増え、バリエーションが充実し、華やかな時期を過ぎるのに伴い
再び選択肢は減って行き、艶とか華とかといったイメージの感じられない
何種類かの形態と単色からの選択になっていくという変遷は、男性の衣類
ではあまりないことであり、それが女性の魅力を高めることに繋がること
である反面、女性が自ら老いを自覚する効果を生じさせている場合もある
ということなのかも知れません。

本来ならば衣服の下に着けるから下着のはずなのに、それをあえて表向き
にアピールすること、秘する存在が見せる存在になり、それがさらに進化
して男性だけを対象としたものではなく同性の女性や自分自身に対しても
魅せる存在となったかの理由は女性の成長を彩ることにあるというように
個人的には結論付けたいと思います。

ということは、下着メーカーのデザイナーが考えなければならないことは
女性の経年をどのようにサポートするのかが求められるわけで、60歳に
なった女性が慣例的に還暦の赤いパンツを履くのではなく、ゴージャスで
セクシーな赤い下着を付けて女性である楽しみを満喫できるようにすれば
いろんな意味で世の中は明るくなると思います。

Lingerie1401206.jpg

Lingerie1401207.jpg

Lingerie1401208.jpg

Lingerie1401209.jpg

Lingerie140120910.jpg

感覚論だけでなく技術的な裏付けがあれば私も女性の年齢の変化に応じた
下着をデザインするなんてこともしてみたいものですが、日本は世界でも
有数の素材とデザインが供給される国ですからね、あくまでも一つの興味
の対象として、女性のライフスタイルをアクティブに支える下着の登場が
近いうちにあるような気がします。(自分が履くんじゃないよ…。)

そんな下着を脱がせたいというのが私の希望なんですけどね。




共感する(22)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 22

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました