So-net無料ブログ作成

600年前の女性の下着 [雑記・雑学]

15世紀の古城を探索していたら、偶然にも女性用の下着が発見されたと
いうことがあり、その画像が公開されています。

pantie1301.jpg

約600年前の女性の下着、今のようなデザインではなくもっと履き込み
の深い提灯ブルマのようなタイプのものかと思いましたら、何と現代でも
そのまま使えそうなデザインというか、病院で入院する時に使う十字帯を
小さくした感じとも言えそうですし、紐パンティーとも言えそうです。


日本で600年前と言ったら、足利義満が王を名乗った室町時代ですから
日本女性は着物(和装)の時代で、パンティーなどあるわけもなく腰巻き
か下着を付けていなかった頃になると思います。

そんな時代から600年が経ち、女性の下着は劇的に進化したかというと
股間の幅が狭くなった以外には特別に変わったところはなく、逆に言えば
600年前の下着デザイナーは何百年もの間、女性の下半身を隠し通した
究極のデザインを作りあげたということなのかも知れません。

機能やデザイン的にはそんなに進歩しなかったパンティーですが、素材は
化学繊維から絹までさまざまで、肌触りなどは確実に進歩しているものと
思いますが、履き比べた経験者なんて存在しませんから、どちらが女性の
股間によりフィットしたのかはわかりません。

pantie1302.jpg

pantie1303.jpg

pantie1304.jpg

現在のパンティーはメッセージ機能を持たせているようで、単に女性器を
隠したり保護するだけではなく、パンティーを脱がす立場の人に対しての
メッセージが書かれていることも少なくなさそうなので、そのような見方
をするとコミュニケーションツールの一つとして進化しているのかな?と
思えないこともないですね。

壇蜜 蜜パンティ (ベストムックシリーズ・85 エキサイティングBEST53)壇蜜 蜜パンティ (ベストムックシリーズ・85 エキサイティングBEST53)

壇蜜 色職-SHIKI-SYOKU- [Blu-ray] 壇蜜 ニンフォドリーム [Blu-ray] 蜜の味 壇蜜 ニンフォドリーム [DVD] 壇蜜 色職-SHIKI-SYOKU- [DVD]

by G-Tools



共感する(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ファッション

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました