So-net無料ブログ作成

時代の先端はセックスレス? [セックス]

数年前ぐらいからよく話題に上る単語ですがセックスレスって専門的には
どのような状態を指すのか?という定義はご存知ですか?

日本性科学会の定義では、病気などの特別な事情がないのにも関わらず、
一ヶ月以上に渡って性交渉がないカップルを「セックスレス」としている
のだそうで、カップルというのは夫婦でなくても、特定の人と同居したり
恒常的にセックスが出来る環境にあれば「セックスレス」という事になる
というような受け取り方も出来ますね。

年齢にもよるでしょうが、一般的には20代ぐらいならば一ヶ月に20回位は
していても多過ぎとは思えませんし、40代だとしても週に1-2回程度なら
一ヶ月で5-8回程度のセックスをしてもおかしくはないでしょうね。


ただ40代の中間ぐらいからは、女性ホルモンの分泌量が減少して来るなど
年齢的に更年期とかの状態になって、性器のコンディションが悪くなると
いう時期でもあるので、激しいセックスが出来ないとか、膣内に違和感が
あってペニスを受け入れると痛いと感じるなどの症状が出て来る時なので
頭ではセックスをしたいと思っていても、性器が使えない状態になる場合
もあるので、なかなか難しい年代でもあると思います。

そんな場合であっても、手や口を使って愛撫をして双方が満足をすれば、
擬似セックスは成立しているわけなので、広義ではセックスレスなのかも
知れませんが、狭義(セックスをしたくないと考えているわけではない)
では、セックスレスとは言わないのではないかと思います。

それに対して若い世代のセックスレスというのは、やっぱりなんだか少し
問題があるのかも知れませんね、という気がします。

当事者からすれば、余計なお世話かもしれませんがプライベートで女性と
一緒にいたとしたら、やっぱり心の片隅にはセックスしたいという気持ち
はあると思うんですよね。

それでもセックスが出来ない一つ目の理由は女性をセックスに誘った際に
どうしてセックスしたいの?と聞かれるからというのがあります。

女性が理屈でセックスを考えるのに対して、男は感情でセックスへと進む
方向に行こうとしますから、ここで温度差が現れるわけですね。
女性の裸だけでなく、足首とか指先を見ただけで勃起する人がいるぐらい
男はセックスの衝動に敏感に反応します。

そんな時に、どうしてしたいの?と冷静に聞かれたらそりゃ冷めますよ。

他に女性がセックスに嫌悪感を持っている場合には、セックスの話をした
途端に、どうしてそんな不潔なことをしたがるの?と言われてしまう場合
もあるようですね、そりゃ確かにペニスは排尿器官でもあるわけですが、
女性器の中に挿入する時には勃起して、射精をしたら小さくなってなんて
感じでセックスに適した器官としての機能があるわけです。

少なくとも双方の会話の中で、セックスについての考え方が一致しないと
男側は溜まった精液を放出するために自慰行為をするか、風俗店などで、
お金を払って抜いてもらうしかなくなってしまいます。

そんな関係がいつまでも続けば、いつかは二人の関係は破綻してしまうと
私的には思いますが、セックスだけの関係なんてなくなれば良いのよ。
なんて女性も増えてきていますから、本当に難しい話になりますね。
一つ言いたい事は、女性が思っているほど、男がセックスの周期を開ける
(セックスを我慢する)のは簡単ではないと認識して欲しいです。

溜まったら放出したくなるというのは、自然な摂理なわけです。
そこに何らかの理由付けをしたり、人格の話になってしまうものだから、
話がややこしく取り違えられたりして、さらにセックスレスの期間が延長
という場合もあると思うんですよ。

セックスは必要ないと思う人と、それでも本当はセックスしたいと思う人
が結婚したり同棲したりするのが元々の間違いだとは言いませんが、性別
の違いは性機能の違いでもあるわけで、そのあたりの相手への思いやりや
相手の立場を考えるというのは、双方に必要な気持ちではないかな?
なんて思ったりしますが、如何なものでしょう。

“子どもは欲しいのにセックスレス”なあなたへ…“子どもは欲しいのにセックスレス”なあなたへ…
木実 ゆか子

セックスレスの精神医学 (ちくま新書) 夫婦仲がよくなるちょっとした習慣 (中経の文庫) 続・結婚後の恋愛―セックスレス編 (幻冬舎アウトロー文庫) 抱かない男の見分け方―いつまでもラブラブなふたりでいるための指南書 ぜったい離婚!から素敵な夫婦三昧―妻と夫のカウンセリング

by G-Tools



共感する(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました