So-net無料ブログ作成

新緑の香りは精液の香り [雑記・雑学]

五月も終わりが近づいて、新緑の季節から梅雨の季節へと移り変わろうと
していますが、一週間ほど前までの新芽が萌える時期には勤務先の周囲に
植えてある樹木から濃厚な精液の匂いが風に乗って流れていました。

植物も生き物だということを毎年、春になると再確認している感じですが
筍を茹でた匂いが精液の匂いだと言う人もいれば、食器漂白剤のハイター
の匂いこそ精液の匂いという人もいて、同じ匂いでも感じ方によって随分
とイメージが変わることが分かります。

新緑から発散されている匂いはどのように考えても精液の匂いなんですが
さすがに精液の匂いがする、と言うことは憚られるのか、駐車場から歩く
人たちは芳ばしい匂いが漂っていることに気付いていても誰ひとりとして
なんとなく精液の匂いがしない?という会話を交わすことはありません。


以前に納品業者の男性が○ンポ汁の匂いがすると、あまりにもあからさま
に口走ったことがありますが、周囲の反応を見て口をつぐみました。

なんだか嗅いだことのある匂いだよね、思い出せないな~、なんて女性を
相手に話したらセクハラとか言われかねないご時世なので誰も何も言葉に
しませんが、ほんの一瞬だけセックスの情景をイメージしてしまうことは
多分あるのではないかと思います。

ただ、女性で精液の匂いがよくわからないという人も実際のところは多い
ような感じで、週刊誌などに書かれているほどはフェラチオで口内射精を
経験している女性の割合は多くないのかも知れませんね。

自分自身の精液の匂いはハイターの匂いがするとは感じませんが、若い頃
よりも甘い感じの匂いに変わって来たような感じはしています。

若い人ほど精液の匂いは強いという話は本当のような気がします。

性交と恋愛にまつわるいくつかの物語 (朝日文庫)性交と恋愛にまつわるいくつかの物語 (朝日文庫)
高橋源一郎

さようなら、ギャングたち (講談社文芸文庫) 13日間で「名文」を書けるようになる方法 日本文学盛衰史 (講談社文庫) ミヤザワケンジ・グレーテストヒッツ ゴーストバスターズ 冒険小説 (講談社文芸文庫)

by G-Tools



共感する(10)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 10

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました