So-net無料ブログ作成

非日常的だから充実するセックス [セックス]

独身の男女が交際することは普通のことであって、都会でも田舎でも日常
どこででもカップルを見かけます。

男性と男性とか、女性と女性のカップルはさすがに田舎で見ることは殆ど
ありませんが、最近では同性愛でも性転換でも国の司法機関や行政機関が
容認の方向で動いているのが大勢の流れなので、後もう少し時間が経てば
これまた日常茶飯事の光景になることと思います。

そして、もう一つの非日常的な関係として婚外恋愛のカップルがいます。
ただ、男女の年齢が著しく違っている場合でも、一昔前の感覚で100%が
愛人関係であるというわけでもなく、コソコソと隠れるようにして密会を
するのが婚外恋愛という感覚でもなくなっているので、以前なら見かけた
目立たないようにしているがために、余計に目立ってしまうカップルには
あまりお目にかかることはありません。


婚外恋愛を経験したことのない人には理解できないことかも知れませんが
一般的な結婚を前提とした恋愛よりも婚外恋愛の方が情熱的というように
感じられることは多々あるわけで、短時間で燃え尽きる線香花火の一瞬の
輝きというか、風の中で揺れるキャンドルの灯りの頼りなげでありつつも
力強く燃える炎のような純愛でもあると思っています。

そんな関係であるがこそ、一般的な恋人関係よりも情熱的で大胆で濃厚な
セックスを感じ合えるというように私自身の経験から思います。

毎日普通に顔を合わせている夫婦が一日ラブホテルに篭って、フェラチオ
クンニリングス、数回のセックスと、食事をする時間を惜しむようにして
お互いの肉体を触れ合い、唇を吸い合って性器を繋ぎ続けるなんてことは
多分、あまりないわけで知り合いの人は夫婦でラブホテルに行くのが休日
の楽しみとは言っていましたが、セックスは一回のみで、後はカラオケを
したり、のんびりジャクジーとか、そんな過ごし方みたいですし、大抵の
夫婦は大差ないと思います。

子どもの寝ている横ではセックスし難いとか、住宅事情の関係でラブホへ
行くもののトコトン、セックスを楽しもうという意図はあまりないのでは
ないでしょうかね、そういう私も結婚後に奥さんとラブホテルに行っても
セックスは多くて二回ぐらいで婚外恋愛のように何度もセックスをすると
いうことはありませんでした。(現在は全く行っていませんし。)

というようなことで普段の生活を共にしない分だけ相手の人の良い点のみ
が見られるとか、何週間・何ヶ月に一回のデートということで、お互いが
求め合う性欲が高まっている点、そしてまた、多少のアブノーマルなこと
は容認してしまう部分があることも婚外恋愛のセックスが充実する理由と
言えるのかも知れません。

昔の不倫小説なんかでは背徳の悦びとか、夫を裏切り、妻を裏切ることで
精神的な高揚感があってセックスが充実するというような描写があったと
思いますが、実際の婚外恋愛においては裏切りとか、後ろめたさによって
快感が増幅されるというようなことはあまりないと私的には思います。

背徳が云々と書いている人は実際の婚外恋愛の経験は著しく少ないのでは
というのが個人的な見方ですね。

大人の「男と女」のつきあい方大人の「男と女」のつきあい方
川北 義則

遊びの品格 (中経の文庫) 「一人時間」を愉しむ生き方、暮らし方 (廣済堂文庫) 男を磨く女、女を磨く男 一流の人の話し方 一流の男、二流の男―どこが、どう違うのか

by G-Tools



共感する(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 16

コメント 4

cheese999

背徳。。いけません。
by cheese999 (2012-03-24 18:57) 

翡翠

cheese999さん:

いけないことだから、蜜の味なのかも知れません。
by 翡翠 (2012-03-24 21:09) 

cheese999

このブログにコメすることが背徳なようです。。わが家では。。
(^_0)ノ
by cheese999 (2012-03-25 22:03) 

翡翠

cheese999さん:
ありゃりゃ、そうですか?

セックスしたいならセックスしたい。
それで良いと思いますけどね。
by 翡翠 (2012-03-29 20:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました