So-net無料ブログ作成


メッセージを送る

不倫関係で幸せになる [不倫]

本来の夫婦関係、恋人関係とは違うところで密かに進行しているのが不倫
関係ですから、元々のベースとなる関係の部分で知りたくないこととか、
見たくないことが起きてしまうというのも仕方ない部分はありますね。

ある人から聞いた話なんですが、婚外恋愛(セックスを中心としたセフレ
という関係もあれば、精神的な部分での繋がりも求める不倫純愛もあって
一概に特定は出来ないので、全体として婚外恋愛という表現にします。)
関係の人の携帯電話をたまたま見てしまったら、奥さんと子どもの写真が
携帯電話に貼ってあって、その写真を見て別れた方がいいのか、今のまま
付き合い続けてもいいのかを自問自答していて、まだ答えは決められない
ので、私ならどう思いますか?ということなんですよね。

私ならどう思うか…女性の立場として答えるのは難しいので、逆に女性の
携帯に夫と子どもの写真を貼ってあるのを見つけたという前提で考えると
したのならば、別れるということは考えないですね。

続きを読む


ジェラシー・不倫の恋 [不倫]

なかなか会えないからこそ、愛しく想う気持ちが強くなるということは、
多くの人が思春期の頃から経験していることだと思います。

法律上で絆を確認する結婚という形式を経た後であっても、心と体はより
深く繋がりあえる関係を求めるというのも、これまた多くの人の心の中に
湧き上がり、強い倫理観で封印した人もいれば、間違いを犯すのも人間の
性であると理解して、気持ちの向くままに新たな恋愛に踏み出す人もいる
それは誰が決めることでもなく、自分の意志で決めることだと思うので、
個人の信条に従って、自由恋愛を満喫されれば良いと思います。

ただ、不倫の恋をしていると避けて通れなくなることが一つあります。
相手の人を好きになれば、好きになるほど、相手の人には妻が、そして夫
がいるということが強く意識されるようになるのですよね。

続きを読む


不倫現場を見られるリスク [不倫]

会社の中の人同士の不倫…実は私の勤務先でも、そういう話はありまして
一人の場合は、一緒に手を繋いでお買物をしている姿を何人もの人が目撃
していたということがありました。

同じ会社に勤める同士ですから、当然、住んでいるところも近いわけで、
その行動範囲の中に、同じ勤務先の人がたくさんいるのは当たり前です。

そこまで判っているのなら、わざわざ手を繋いで歩いたりして、人の目を
引くようなことはしなければいいのに、二人の想いが高まってしまうと、
もう止められなくなってしまうみたいですね。

続きを読む


不倫相手とバッタリ遭遇 [不倫]

以前にも書いたように、私は地元周辺には恋人はいませんので、100%の
確率で不倫関係の恋人と遭遇することはありません。

が、社内不倫とか近所の人(隣家の人とか)と不倫関係にある場合には、
地元の商店街とか、スーパーなんかで双方が家族連れとか、恋人と一緒の
場面で会ってしまうということもないとは言えないですよね。

今の奥さんと結婚したばかりの頃、周囲の人々全員に周知徹底したという
わけでもないので、結婚したことを知らない人もいて、そういう人と買物
先で会ったりすると、とても気まずいものを見てしまったような顔をして
見ないフリをしている場面に遭遇したこともあるので、そういう時には、
わざわざ結婚指輪を見せて、結婚してるんだよと言ったことはあります。

続きを読む


不倫=避妊を確実に [不倫]

今までにも何度か書きましたが、セックスの本来の意味は生殖行為なわけ
ですから、一般的には避妊をしないと望まない妊娠になるということも、
充分にありえるわけです。

自由恋愛を実践し、私自身と私の考えを受け入れてくれる女性と、人生を
充実させるためのセックスを重ねていたとしても、望まない妊娠によって
この世に生まれることの出来ない命を作り出してはいけないというように
感じていますから、ナマでのセックスが良いとか、中で出すのが最高だと
いうように思ってはいますが、女性の体調や女性自身の避妊状況に応じて
今までに幾つかの避妊方法を試してきました。

続きを読む


お尻まで愛したい [不倫]

既婚者同士の不倫関係という場合、絶対にありえないのは彼女がバージン
だということでしょうね。

中には新婚旅行に出発する前に大喧嘩をして、それ以来、セックスは一切
許していないとか、以前に聞いたことがある事例のように、膣口と肛門を
間違えてセックスしていて、全く子どもが出来る兆候がないのでと言って
産婦人科医を受診したカップルもあるようですが、それはあくまでも稀な
例であって、ほぼ100%の女性はセックスを経験していますよね。

不倫関係であっても、やはり初めてのセックスは緊張が伴うもので貫通を
するというのが、基本的な目標であって二人の性癖を擦り合わせながら、
二人が感じるセックスを模索して、それと同時に恋愛として発展するのは
二回目のセックス以降だと思うんですよね。

続きを読む


愛人?恋人? [不倫]

一昔前の基準?では、結婚している人が、いわゆる婚外恋愛をする場合は
その相手は愛人と形容され、未婚の人の場合は恋人というように呼ばれて
いたような気がしますが、最近はそんな区分けをするようなこともなく、
愛人と恋人の区分けの仕方は複雑化していて、最終的には本人同士がどう
思っているのか、だけで二人の関係は語られるようになってきています。

区分けの定義としては、二人の関係の間に、お金が介在するような場合は
まずほとんどの場合、恋人とは言わないと思います。

中には契約書(愛人契約)を交わしているような場合もあって、一週間の
期間中のセックスの回数とか、デート費用の総額なども決めている場合も
あるようで、こうなってくると一般的な見方は、ほぼ間違いなく愛人、と
して見ることになると思いますし、本人たちも金の切れ目が縁の切れ目で
セックスも金銭的な価値として換算するような、乾いた関係というように
考えているかも知れません。

続きを読む


クンニ初体験で… [不倫]

彼女の場合、クンニリングス経験は全くの初めてだったようですし、性器
をじっくりと見られるのも初めてだったということで、性器を見られる事
=羞恥心をくすぐられることが快感に繋がるという度合いが高かった様で
あえて、女性器の様子を言葉にすることで、まだほとんど触れてもいない
にも関わらず、割れ目全体が愛液に濡れているという感じです。

股間を開き、割れ目の部分を両手で開いて、クリトリスが皮の中から少し
出ているんだね、と言っただけで腰がモシモジと動いて、膣口から愛液が
トロトロと溢れ出す、今までは性欲の処理と子どもを作るということだけ
のためにセックスをしていた彼女にとって、性器をていねいに愛撫され、
性器自体について言葉で表現をする事に新鮮な感覚を持ったみたいです。

ほら、クリトリスが膨らんできたよ、と言うと、また性器全体がピクンと
動いてトロリと一筋の愛液が…言葉弄りまではいかないものの、今までの
経験とは違うことをすることで、官能が自然に高まっていく…そんな感覚
に彼女の新たな性感の火が点いたという感じでした。

続きを読む