So-net無料ブログ作成
検索選択


メッセージを送る

性器の相性 女性編 [性の悩み・性の疑問]

男性器と女性器を一緒にまとめて記事にしようと思いましたが、イマイチ
要領が悪い私なので、男性器のことを書いているうちに、結構な文字数に
なってしまいましたので、女性器の話はこちらで纏めますね。

男性のペニスは、ほぼ同じ位置にあるのでペニスの位置に合うようにする
ことがカラダの相性ではないと書きましたが、それに対して女性器の場合
には実際に位置などが、かなり違うように思います。

例えば、俗に土手と呼ばれている正面から見て陰毛の生い茂る部分ですが
恥骨の形状も関係するかも知れませんが、ジーンズなんかを履いていると
ぷっくりと膨らんで自己主張をしているほど目立つ人がいます。


pantie311.jpg

いわゆるモリマンと呼ばれている人で、土手の部分が膨らんでいる人は、
女性器全体が土手の方向に引っ張られているので、女性器も上付き気味で
挿入時には足を開かなくても挿入可能なほど、クリトリスや尿道口からの
位置が近い人もいるようですよ。

モリマンの人はセックスの時も恥骨同士がぶつかるようなことがなくて、
柔らかく男性の陰毛部分を受け止めるので、下腹部を密着させた時の感触
が気持ち良いと言われています。

hairy150.jpg

それに対して、恥骨部分の膨らみが無く仰向けに寝て股間を開いた場合は
お腹から真っ直ぐに、割れ目までフラットになるタイプで、比較的下付き
の人が多いということになっていますが、日本人の場合は膣口の位置が、
極端に下付きの人というのは少ないみたいですから、着衣の状態で膣口の
位置を見極めるということは難しいと思います。

ちなみに、土手の部分がふっくらとしていない人の場合は、あまり力強く
挿入を繰り返すと恥骨同士が当たって痛いことがありますので、男性は、
上体を倒し気味にして、女性の体と平行になるような角度でペニスを入れ
腰を振ると恥骨と当たらないですし、膣内の感触が自然体で感じられると
思いますから気持ち良いセックスが経験できそうです。

亀頭でGスポットを刺激しやすい位置なので、セックスの最中に潮を吹く
という経験者が多いのも、土手の部分に脂肪クッションが少ないタイプ
の人だという意見もありますから、このあたりで、まずはカラダの相性を
考える必要があるのかも知れませんね。

hairy151.jpg

こんなような感じで見てみると、割れ目(大陰唇)が長いタイプの人や、
厚いタイプの人、膣口が小さいタイプの人などに適応しやすいペニスって
なんとなく想像がつきますよね。

小さめのペニスの人が、弾力ある厚めの大陰唇の女性に対して、根元まで
ペニスを押し入れたとしても大陰唇の厚さの分だけペニスは下駄を履いた
状態になりますから、子宮口にペニスを密着させるなんてことは出来ない
場合もあるかもしれません。

そんなわけで、ペニスと女性器の物理的な相性というのは、絶対にあると
思いますが、問題なのはセックスは実際にしてみないと相手の人の性器の
感触などがわからないという部分がおおいにありますよね。

元々、自由恋愛主義というブログをはじめたのも最高に相性のいい女性器
の持ち主と巡り会うため、みたいな理由だった様な気がしますが、記事も
1300本を超えるようになると、単に性器同士の擦り合いで気持ち良くても
それは性器の相性が良いだけで、カラダの愛称が良いわけではないという
ことに気付いただけでも進歩なのかも知れません。

ちつのトリセツ 劣化はとまる
ちつのトリセツ 劣化はとまる原田 純 たつの ゆりこ

径書房 2017-03-13
売り上げランキング : 16698

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
世界一ゆる~いイラスト解剖学 からだと筋肉のしくみ お金・愛・美 ほしいものすべて手に入れる 無敵美女 しいたけ占い 12星座でわかるどんな人ともうまくいく方法 病院では教えてくれない不調の治し方 お金は、子宮が引き寄せる 〜富豪マインドに変わる子宮メソッド〜 姫婚ノススメ  ~ママより幸せな結婚をする方法~ 子宮がおしえてくれる人生を彩るヒミツ~ココロとカラダの対話レッスン~ SELFCARE セルフケア 今すぐ始められる40のアンチエイジング法 【2017年版】月の遠近カレンダー(B4サイズ) オールカラー版 基本としくみがよくわかる東洋医学の 教科書



参考になった(15)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:恋愛・結婚

nice! 15

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。